読んでいただきありがとうございます!

参考になったらそれぞれポチッとお願いします(^_-)
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

コスタリカ タバコン温泉の旅① 到着

2021年10月31日日曜日

旅行・休日

タバコン温泉はサン・ホセもしくはリベリアからアクセス可能。交通手段はシャトルバス、タクシー、レンタカーのいずれかで、どちらから行っても山道を車で片道3時間


アトランタ空港は概ね普段の賑わいを取り戻したように見えました。

搭乗待ち中にファーストクラスに空きが出て、待機リストの一番上だった我が家は無料アップグレードになりました! 幸先が良いですね~👍


近距離線なのでファーストと行ってもこんなもの。トイレが混まないのがありがたい。


エコノミーはスナックだけのところ、ファーストクラスは朝食が付いてました。これはラッキー!しかもバナナブレッドが美味しくて完食。イヤホンも無料でした。


フロリダキーウエストの美しい環礁を通り越し、


コスタリカの赤い屋根が見えてきました。


とりあえず、到着時は雨回避。




タバコン温泉まではサン・ホセ空港から車で3時間


ピックアップタクシーのドライバーは英語が上手なヘンリーさん。車に乗る前にスーツケースのハンドルと車輪、我々の靴の裏をスプレーで消毒し、体温も測ってから乗車です!


英語ペラペラのヘンリーさんに、片言のスペイン語で果敢に話しかける私。ヘンリーさんは面白がって「スペイン語の練習をしたいですか?」と言って、私にわかるようにゆっくりといろいろ質問してくれたり、道の両側に見えるコスタリカの農産物について英語で教えてくださったり、あっという間の3時間でした。

ちょうどお昼時なので、途中のダウンタウンで食事やカフェ、トイレ休憩にも寄ってもらえます。我々は機内食が出たので直行しました。ただ、車酔いしやすい方は食事は控えめにした方が良いかも、です。


コーヒー農園

コーヒーチェリーがびっしり付いている木も車中から見えました! 


熱帯雨林の合間にところどころ緑地帯があり、牛やヤギが放牧されています。

また、コスタリカは観葉植物の栽培が盛んだそうで、山の中腹にはたくさんの温室がありました。



正面にアレナル火山が見えてきました。数年に一回程度噴火し、時々大噴火もある活火山。曇天で雲がかかっていますが、晴天だと常に噴煙が見えるそう。阿蘇山みたいかな、と思いました。


コーヒーや観葉植物の栽培はこの火山灰の恵みだそうです。
このアレナル火山周辺一帯が温泉リゾート。熱海みたいなもんです。

このアレナル火山に最も近い温泉リゾートが、「タバコン・サーマル・リゾート&スパ」です。


ホテル内をひとしきり散策したら、、、


雷☇ゴロゴロ、滝のような大雨が降ってきました😅 熱帯雨林なんでね。この時期はこれが普通だそうです。


今回のコスタリカ旅行のキッカケから一連のシリーズはこちらからどうぞ(^_-)

PVアクセスランキング にほんブログ村